競馬予想~血統でしか取れない馬券~

予想ツールは血統のみ。 血統データも充実。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都新聞杯 2013 展望

『キズナの京都適性に疑問!? リグヴェーダの逆転の可能性は?』

今年の京都新聞杯はキズナの抜けた一番人気が予想されます。
大一番に向けた通過点という見解が多いようですが、すんなり勝ってダービーに駒を進められるでしょうか?

キズナ (ディープインパクト×Storm Cat)
ディープインパクト産駒は昨年1~3着を独占し、このコースの成績も勝率(18.2%)・連対率(31.8%)・複勝率(38.6%)と非常に優秀です。
半姉にファレノプシス、近親にナリタブライアン・ビワハヤヒデがいる牝系です。
父と母それぞれを単体で見ると逆らいにくい印象ですが、自分は今回配合的に不安があると見ています。
それは当馬のサンデー系×ストームバード系の京都芝重賞の成績が振るわない点にあります。

サンデー系×ストームバード系の芝重賞勝利と京都重賞成績
・ウインバリアシオン/青葉賞(東京)
→きさらぎ賞(4着) 菊花賞(2着) 京都記念(6着) 天皇賞春(3着)
・アユサン/桜花賞(阪神)
→出走なし
・ファイアーフロート/京成杯オータムH(中山)
→出走なし
・ショウナンマイティ/大阪杯(阪神)
→菊花賞(8着) 京都記念(3着)
・ブライティアパルス/マーメイドS(阪神)
→エリザベス女王杯(8着)
・タガノマイバッハ/中京記念(中京) 大阪杯(阪神)
→天皇賞春(8着) 日経新春杯(14着) 京都記念(3着・8着)
・ヒラボクディープ/青葉賞(東京)
→出走なし
・エリンコート/オークス(東京)
→秋華賞(10着) エリザベス女王杯(12着・14着) 京都牝馬S(11着)
・ブラックタキシード/セントライト記念(中山)
→菊花賞(14着)
・オースミダイドウ
→デイリー杯2歳S(1着) 京都金杯(14着) 京阪杯(14着)
・コレクターアイテム アルテミスS(東京)
→出走なし
・タガノエリザベート
→ファンタジーS(1着) デイリー杯2歳S(6着) 秋華賞(17着)

内訳は東京と阪神が4勝ずつ、中山と京都が2勝、中京が1勝となっています。
京都は2勝していますがともに2歳戦で、適性というよりストームキャット系の仕上がりの早さによるところが大きく、それは2頭のその後の成績を見ればわかりやすいかと思います。
一方3歳以上の重賞では2・3着はあってもなかなか勝ちきれません
ストームバード系は元来パワータイプですが、子であるストームキャット系はさらにその度合いが強まります。
上記のうちストームキャット系のアユサン・ファイアーフロート・ショウナンマイティ・ブラックタキシードに代表されるように、坂があって脚力が要求される阪神・中山に強い配合です。
京都の外回りは仕掛けどころで下り坂を利してスピードアップできるので、長所であるパワーを源にした瞬発力が生かしにくいといえます。
相手関係を考慮しても鮮やか過ぎた阪神の毎日杯の勝ち方から、馬の力というより適性的にはまった可能性は十分ありそうです。
自分は今回適性下降必至とみて、マークシートの1着欄には塗らない馬券を買います。


リグヴェーダ (ディープインパクト×Nureyev)
同じ父ですが母父がヌレイエフ系です。

サンデー系×ヌレイエフ系の京都芝重賞勝利
・トゥザヴィクトリー/エリザベス女王杯
・フサイチパンドラ/エリザベス女王杯
・トーホウアラン/京都新聞杯 京都大賞典
・サイレントディール/シンザン記念

G1の2勝を含め比較では圧倒しています。
当馬の半兄ゴールスキーも重賞勝利がない中で、ベストパフォーマンスは京都のマイルチャンピオンシップです。
この配合はダートに出ることも多いように、日本の芝向きの瞬発力があまりなく、芝では持続力を生かすレースが向いています
ゆえに京都外回りのような自力でギアチェンジをしなくてもいいコースに良績があるのでしょう。
両馬の基本性能の比較はさておき、適性的には今回逆転の目があるとみています。
スポンサーサイト

きさらぎ賞 2013 展望

『ディープインパクトの独壇場』

過去5年の血統データ
きさらぎ賞

昨年はディープインパクト産駒の1~3着独占、一昨年も同産駒が勝っています。
京都芝1800m自体の成績もかなりの好成績で、コースそのものが得意といえます。
3歳限定コーナー2つの1800m重賞と条件を広げても、昨年行われた4レース(きさらぎ賞・共同通信杯・毎日杯・ローズS)の馬券圏内馬12頭中11頭を占めるというとんでもないことになっています。

きさらぎ賞は過去には明確な血統傾向があり、本線的中した10年は特に強烈なブラッドバイアスが出たのですが、ここ2年その傾向は鳴りを潜めています。
近年京都芝の血統傾向が変化したこともありますが、怪物ディープインパクト出現によって血統傾向がぶち壊されたと言っても過言ではないでしょう。

今年もインパラトールラストインパクトリグヴェーダと上位人気が予想される3頭が出走します。
似た血統どうしの決着が多いレースなので、今年も上位独占の可能性があります。
他馬に付け入る隙があるかどうかの見極めが鍵ですね。

ランキングへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

東京新聞杯 2013 展望

『表に出ていない米国ダート血統』

過去5年の血統データ
東京新聞杯

昨年うまくいったレースで、基本スタンスは同じでいいでしょう。
近年は上がり1ハロンが11秒台と最後までラップが大きく落ちず、そのままゴールまで雪崩れ込むようなレースがほとんどです。
不良馬場で行われた09年はグレイソヴリン系サンデー系を併せ持つ馬の1~3着独占でしたが、これは特殊な馬場状態で出た一時的な開催傾向と見たほうがいいです。

10年1着 レッドスパーダ(タイキシャトル×Storm Cat)
10年3着 エーシンフォワード(Forest Wildcat×Cure the Blues)
この2頭が共に持つのがストームキャット系です。
非常に米国色が強い系統ですが、重要なのはそのダート要素がこの2頭に関しては表面に出ていないことです。
血統的にこの系統の米国色は持っているものの、それを日本ではダート戦ではなく芝で生かしていると思われます。
実際にこの2頭はダートでの良績がありません。
この系統はこうした字面とは違うタイプが日本には意外と少なくないです。

11年2着 キングストリート(キングカメハメハ×Red Ransom)
12年2着 コスモセンサー(キングカメハメハ×リヴリア)
前者は米国系の母がテディ系Damascusの3×4のクロスを持ちます。
後者は昨年の本命馬で、08年2着のリキッドノーツと同じキングマンボ系×ネヴァーベンド系です。
ダート馬に出やすい配合ながら、ダート戦で結果が出ていないのがポイントでした。

05年の1着ハットトリック、3着グレイトジャーニーはサンデー系ですが、母が米国系で母母父がテディ系です。
04年の覇者ウインラディウスもサンデー系ですが、母母父がマッチェム系です。
サンデー系でも、米国型の母系を持つ馬は要注意です。

これより米国型のダート血統を持つものの、それが表に出ていないタイプが狙いになります。
これは上がり1ハロンが11秒台と最後までラップが落ちずそのままゴールまで雪崩れ込む、という上のポイントにも合います。
米国的なパワーが芝でスピードを生み出すイメージが大事で、ダートを走りそうな血統なのに実際走らせてみると案外な馬がこのレース向きといえます。

ランキングへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

シルクロードS 2013 展望

『脚質と血統』

過去5年の血統データ
シルクロードS

サンデーサイレンス系の差し馬
08年1着 ファイングレイン
09年2着 ソルジャーズソング
10年1着 アルティマトゥーレ
11年1着 ジョーカプチーノ
11年2着 アーバニティ

シルクロードSは芝スプリント重賞の中では特にサンデー系が強いレースです。
近走で上位の上がりを駆使していた差し馬が届く傾向にあります。

米国型血統を持つ先行馬
08年2着 コパノフウジン(ヘネシー×スキャン)
08年3着 ステキシンスケクン(Danzig×Mr. Prospector)
09年3着 モルトグランデ(War Chant×Capote)

ダンチヒ系ストームバード系ボールドルーラー系マッチェム系などが特に注意です。
こちらで欲しいのはダート的な先行力で、ダート実績があるかまたは前走で先行している馬がベターです。
サンデー系には捕まえられてしまうため勝ちきれませんが、相手には絡んで穴になるのでここから高配当の使者を選択したいです。

ランキングへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

根岸S 2013 展望

『毎年好走の2系統』

過去5年の血統データ
根岸S

ナスルーラ系(父か母父)
08年2着 タイセイアトム(父プリンスリーギフト系)
09年1着 フェラーリピサ(母父ボールドルーラー系)
11年1着 セイクリムズン(母父ネヴァーベンド系)
11年3着 ダイショウジェット(母父ネヴァーベンド系)
12年3着 テスタマッタ(父ボールドルーラー系)

他のダート重賞ではあまりポイントになりにくい系統で、持続力が要求されるこのレース特有の傾向です。

セントサイモン系(母父か母母父)
08年2着 タイセイアトム(母母父)
09年1着 フェラーリピサ(母母父)
10年2着 サマーウインド(母父)
11年3着 ダイショウジェット(母母父)
12年1着 シルクフォーチュン(母母父)

この距離にしてはスタミナが求められるレースで、母系にこの血を持つ底力のあるタイプが狙いです。

出走想定で該当する馬
アーリーデイズ(父レッドゴッド系・母父セントサイモン系)
セイクリムズン(母父ネヴァーベンド系)
ダイショウジェット(母父ネヴァーベンド系・母母父セントサイモン系)
テスタマッタ(父ボールドルーラー系)
ヒラボクワイルド(母父ボールドルーラー系)

ランキングへのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ
アクセスカウンター
プロフィール

ブラッドポケット

Author:ブラッドポケット
血統だけで競馬予想をします
コメント・トラックバック歓迎!
ご意見・ご要望などお待ちしています

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
1202位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
546位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。